記事一覧

油断パチスロ

うーむ。ハナハナのスイカはつい殺っちゃうよね。こんな集中力を欠いている状態で打ってはダメですよね。1月全敗伝説継続中です。つか、設定6でホイホイ500Gもハマるってどういうことですか?...

続きを読む

パイオニアマシンの謎特性

昨日は…『ハナハナ鳳凰』を中心に打ちました。皆さんご存知、パイオニアの華マシンです。要は。で、案の定の展開でアレして、反発ナシのパターンで負けました。パイオニアマシンを打ち込んでいる方にはこれだけで通用するでしょう。詳しく説明すると…こうです。まず履歴の良い台を発見したので着席。スランプを見るとボーナス合算1/105で1500枚ほど出ていたという具合です。んで、打ち始めるとさらに伸びてピークは通算3000枚弱。...

続きを読む

ニューパルサーをゴリ押しする会・その2

今回はニューパルシリーズの中でも最新作である『ニューパルサーSP2』をちょいと。まぁまだ詳しい解析は出ておりませんが、実戦上も含めて突っ込んだ解説をしたいと思います。何分、個人的な見解が多く含まれますが、万が一違っていた場合にはご容赦のほどを。本機のゲーム性は「ニューパルサーSP」がベース。というかほぼ一緒で、新たにチャンス演出が行われるドットモードを搭載しているのが特徴です。まぁ、これに関しては今回...

続きを読む

ニューパルサーをゴリ押しする会・その1

どうも。猫がいびきをかいている隣でこれを書いているゴトロニです。犯猫※起きている時の画像現在、『ニューパルサーSP2』が素晴らしい塩梅で人気ですね。ドットモードで打てば演出と小役と出目のバランスが抜群。ようやくニューパルサーの中に眠る魅力を持て余すことなく打てるようになった、とそういうことなのでしょう。ニューパルのことをあまり知らなくても楽しめますからね。出目は後から覚えれば良い。そういうことです。ま...

続きを読む

光の速さで逃げるパチスロ

パチスロって調子良く当たっていれば、評価は高くなりますよね。でも、そんなことがないものもたまにはあります。ウィンドフォースとか、スロットマンとか、ジャイアン(2000年)とか…あ、古いですね。最近だと、コイツ。敢えて分からなくする優しさ全開なので、特定しちゃダメよ。超名機の後継機っぽい名前が違っていたら許せる部分もあったものの、こだわりのない人でも胆汁を舐めたような顔で打つこと必至です。ゲーム性として...

続きを読む